マーケティング:1億缶のハードティーにあなたの顔をNFTするのはいかが?

NFT

NFTへの関心が低下しているにもかかわらず、Web3を受け入れる流れはまだ止まっていない。ここへ来て、ハードティーを作るアメリカの会社がまた一つweb3に参入してきた。 web3はまだ終わっていないようだ。まだまだ、新規参入はとどまる所を知らない。

Twisted Tea(ツイスティッド・ティー)は、そんな「ハードティー」のブランドの一つだ。彼らにとって初のNFTローンチを発表した。それは、ブランド向けWeb3プラットフォームである「Sesame3(セサミ3)」とのコラボレーション。優勝者は、100メートルにもなるツイスティッド・ティーの缶ラベルに自分の顔を入れられる。 

ツイスティッド・ティーは、NFTを「クリプトウォレットがなくても、今までの支払い方法で保有し、販売し、そして購入が可能。これは今市場に出回るブランドNFTの中でも、最も利用しやすくしている」と説明。

同社は、1月1日のNFTラウンドでインタビューに応じる予定。Erica Toady(エリカ・トアディ)氏はツイスティッド・ティーのブランドディレクターだ。セサミ3のNFTエキスパートとともに、新世界でコミュニティを祝うのは、今回これで3回目になる。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja