暗号通貨の大量導入を、ゲームファイが後押しする

GameFi

ゲームファイは、シンプルにゲームとお金を組み合わせたものだが、ブロックチェーン技術を使用しているのが特徴だ。プレイヤーはゲーム内でタスクを熟し、クレジットを獲得していく。このやり方によりP2Eで稼ぎ、ちゃっかり成功することができる。 

非代替性トークン(NFT)、バーチャルランド、アバター、報酬、また統治トークンなどは、ゲーム内アセットのほんの一例と言える。Triplea(トリプレィ)ネットワークの暗号通貨オーナーは3億2000万人に到達し、3億2100万ドル(約4兆5000億円)相当の巨大クリプトゲーム市場を生み出すことになる。 

クリプトオーナー約4200万人、その38%が21~36歳のミレニアル世代。ガールフレンドたちは過去に大変な目に遭っているはずだ。2021年11月、アクシーインフィニティはデイリーアクティブユーザー270万人という、とてつもない記録をマークした。

 2022年3月、Ronin Network(ローニンネットワーク)のセキュリティ侵害によりハッカーに盗まれた6億米ドル(約840億円)の中にはゲーマーたちのキャッシュも含まれていた。ゲームファイの存在は確かに大きく、今や規制や課税に関して、世界中の政府から注目されるようになった。ゲームとデバイスがクリプト採用を加速させ、クリプト・エコシステム内に残る役割をしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja