東京大学、「メタバース」講座を開設へ

メタバース

東大のメタバース講座が間もなく開講。何百人もの志願者が研究をすることになる。それ以外にも、多くの人が大学に行くことができるようになる。 

高校生から社会人大学生までの、高等教育機関に在籍する生徒がプログラムの対象となる。この東大プロジェクトは、デジタル・トランスフォーメーションや高度な応用科学の専門家不足を解消しようとするもの。 

またメタバース内での学習が、問題解決につながる可能性があることを大学役員らは強調した。中でも、自信を持てない生徒に対しての、電子メール技術、人工知能技術、また次世代コミュニケーション技術の特別追加講習が行われる。 

女性エンジニアの不足を受け、これらの講習へ興味を持ち申し込みしてもらいやすい環境を作る動きがある。たとえば福岡のJACFAというグループが、SecondLife Metaverse(セコンドライフ・メタバース)というプラットフォーム内で、デジタルアシストルームを立ち上げている。 

彼らは「ヒキコモリ」の社会復帰を目指すグループでもある。日本ではこの問題が非常に大きな社会問題として取り上げられており、「ヒキコモリ」が顔を合わせることなく根本的に支援を受けられるようにとの思いが込められている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja