ライアン・ゴズリング主演の「The Gray Man」、ハイテンションでグローブも登場

NFT

ドバイのジャミールNFTアートセンターでは、「独立記念碑の提案」と題した最新ショーの作品が公開されたばかりだ。民族主義体制があったからこそ、独立の達成ができた。 

優れた思想家の大半は、ずっと民族主義に対して疑念を持ち続けたため厳しいものはあった。彼は今現代の目立たない姿勢について6つのエッセイを書いたが、それがそもそも反逆心と愛国心の融合を阻んでいた。米CNNのジョン・サッターは、ニューヨーク独立記念碑構想には一目置いているようだ。 

当初は6つの候補があったこの企画だが、放送日が決定した。当初6つあった候補にはないが、このプロジェクトは現在「mama's land」にてオンエアされている。一曲としてありえない提案形式だが、詩的で、ユートピア的で、かつ超現実的な思考をある程度の範囲において許容する。 

提案は創造的な結果である方が好ましいし、達成が難しいものほど逆にプレッシャーはかからない。あえてナショナリズム(民族主義)を疑ってかかることも必要になる。それは大きな叫び声であり、アイデンティティ(自分であることの自覚)と帰属意識の源ともなり得るが、簡単に悲劇に転じることもある。真の芸術家の言葉とは理解しがたいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja