Meta社、フェイスブック・プロフィールのアバター付きカバー写真を作成する新オプションを試験的導入へ

メタバース

アバターは新たな「フェッチ(魅力)」であり、Meta社としてはアバターがいかにカッコよく、またメタバースの未来においていかにクールであるかを示そうとしている。このようにMeta社は、フェイスブック・プロフィールに向けた新たなアバター作りに力を入れている。 

カバー部分には、複数のシーンに重ねられる新グラフィックが描かれている。ユーザーは今まで行ったことのない場所に、フェイクキャラクターを配置できるようになる。何にしても自分自身を自由に表現できることほど、素晴らしいことはないだろう。 

フェイスブック・アバターを実世界で活用することもできる。最新3DアバターがMetaに登場したことで、近い将来、アバターさえあれば何でもできるようになりそうだ。 

また、3Dキャラクターのアバター用ファッションや、デジタルファッション用のアドオンも入手可能になる。ことのつまりは、VR作品を画像付きで売ってしまえばよいのか。君自身の3D作品が売れるかどうかはさておき。。 

ママとしては、バーチャルな自分がどんなにに素晴らしいかを見てほしいのだ。いやもしかしたら、ホントに楽しんでくれる人がいるかもしれない。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja