モノポリー・ミリオネア・ゲーム、100万ドル(約1億4千万円)のシード資金(初期投資用ファンド)を調達

GameFi

海をテーマにしたゲームファイ「Monopoly Millionaire Game(モノポリー・ミリオネア・ゲーム)」は、100万米ドル(約1億4千万円)のシード資金調達を完了したと発表した。このゲームでは、島の建設、栽培や射撃などが楽しめる。 

これからMMGゲームファイのビジョンを実現し、さらに多くの人にWeb3ゲームに興味を持ってもらえるよう資金活用をする予定だ。このモノポリーミリオネアは、アップルやマイクロソフトなど、大手IT企業で経験を積んだハイスキルのゲーマー向けと言える。 

プレイヤーはNFTのライフサイクル中に「ping-pong overtime」をして報酬を獲得できる。しかし、MMGゲームファイ・エコノミックモデルと同じ形で各NFTが創出されていて、それぞれをP2Eとして使うにあたり時間制限が設定されている。 

また、NFTのBNBチェーンをベースにしたP2Eというゲームがあり、プレイヤーはキャノンNFTを使用して海洋生物を狩猟する。このキャノンを発射するたびに金貨を消費するが、1日あたりの金貨使用量には限りがある。 

MMGゲームファイは、遊んで楽しみながら稼げるデュアルトークン・エコノミーモデルで、モノポリー・ミリオネアというゲームがベースになっている。このようにMMGは、すべての「クリプトナイト」関連のゲームにとって根本的な開発ソースとなっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja