ゴブリンをテーマにしたNFTが、暗号通貨暴落被害者のためのウイルス・オンラインフォーラムを刺激し、文字通り怒りの叫びをあげた理由とは

NFT

Goblin-town(ゴブリンタウン)は先月、ビットコインとしては初めてTwitterを使い、ボーカルのアレンジメントを公開した。9999ものNFTがあり、グループには屋根がなく、光熱費もかからないという。そんな彼らのコラボはOpenSeaのいびつなNFTを上回ったばかりだ。  

 6月のピーク時、5.5ETH(約5,500ドル/76万5千円)の底値を誇ったゴブリンタウンNFTは、その後3.39ETH(約3,390ドル/47万円)まで値を下げた。 

底値や取引量はともかく、NFTはクリプト空間において意味も論理も実用性も乏しいミームに触発された芸術作品へと向かう、より広い文化的変化を示しているのではないかと多くの人が見ているのも確かだ。

Beeple(ビープル)は以前、ゴブリンタウンのweb3を立ち上げ、「HOWLERZ」と言う曖昧なタイトルの自分のコレクションを持っている一方で、このビープルはゴブリンタウンの責任者だったという説もある。 

新しい叫びの逃避の音響的な区切りは、最近の兆候でもあるようだ。また映画「know your meme」のカエルのペペ画像は、オノマトペ(擬音語)画像である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja