インドの中古車スタートアップ企業、メタバースにオート・ショールームを開設

メタバース

CarzSo(カーズソー)社は自動車セクターにおいて、バーチャルリアリティ開発に注力するインド企業。同社はインド初のメタバース中古車店を作った。メタバースにおいては、より古い車を購入することも可能だ。 

ハイパースペースにおいて自動車小売販売で誰よりも先にに成功したい思いを元にカーズ社は、様々なブランドやモデルを取り揃えておき、ユーザーは、好みのモデル、価格帯、またボディタイプなどで検索できるようにする。このように自動車産業に特化したNFTランドが、メタバースにおいて利用可能になる。 

現状はオンラインゲームが中心であり、自動車売買を容易にするための存在感はゼロだと、同じく車両テクノロジー企業のシャルマは言う。それを今後はVRやバーチャルショールームを使って、バーチャルな存在感を出していく計画。 

この新技術により、ユーザーは自宅にいながら自動車購入ができるようになる。メタバースは、インドにおいては初のバーチャルリアリティとバーチャルショールームをベースにした自動車技術ファームであったし、これをいち早く導入したかった。弊社は世界で初めてNFTに興味を示した企業であり、米国のメタランドプレーヤーにも注目を浴びている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja