スーパーワールド:バーチャル不動産と「Live-To-Earn(住んで稼ぐ)」を理解する

NFT

Hrish Lotlikar(リシュ・ロトリカー)氏は、SuperWorld(スーパーワールド)の共同設立者兼CEOだ。彼はNFTでバーチャルランド・プロットを販売する代わりの方法について説明する。人々は、リアルワールド(現実世界)で何かを創造し、発見し、それを収益化する方法に並みならぬ興味を抱き、そこから活力を得るものだ。

 スーパーワールドにおいて住みながら稼ぐというのは、この地球上でデジタルマッピングされた仮想現実と拡張現実の世界。NFTを購入すれば、ニューヨークやマイアミにある高級クラブにアクセスできるようになる。今日バーチャルプロパティはとても重要だと、ロトリカー氏は言う。 

人々はよりデジタルを通じて関係を持つようになっていて、バーチャル物件が、人々にとって生活の一部になりつつあると彼はいう。そしてこれは、2022年6月に遠隔操作で録画されたものだが、バーチャルプロパティは稼ぐのに最適な方法であると付け加えている。  

「通常の方法で高級生涯会員権を販売するのではなく、デジタル資産をNFTとして販売すれば転売をすることができる。クラブとして転売されるたびにお金を得られるので、自分たちで新ビジネスモデルを作り上げたことにもなる」とロトリカー氏は言う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja