これからメタバース・オフィスはどうなるのか?

メタバース

「デジタル時代が現代の働き方をいかに再構築するか」の議題に対する様々なアイデアを、テックジャイアントたちが売り出した。ホンモノの高解像度環境と写真のようにリアルなアバターで、バーチャルリアリティ環境を作るためにメタバースがある。 

このグループは中核となる映像技術と、メタ、マイクロソフト、ファーウェイ、そしてNvidiaなどの主要プレイヤー間において相互運用性の向上を目的としている。リモートワークを実現するには、やはり説得力があり魅力的なバーチャル環境が必要になる。 

初期の研究において、実現可能で、より魅力的なメタバースオフィスの構築を提案している。彼らオーストラリアの専門家は、VRを使うことで会議をより楽しいものにできると考えている。 

ある調査で18人にメタバース内で働いてもらったところ、5分の1以上の人が、メタバースで働くことは幸福を損なうと答えた。オープンソース・メッセージングプラットフォームSlack(スラック)は、今のところまだバーチャルワールド・オフィスには未参入である。 

SlackのCOO/Chief Operating Officer(最高執行責任者)であるスチュワート・バターフィールド氏は、メタバースオフィスへの疑念を表明した。もともとメタバースは、コワーキング機能「huddles」を強化し、独自のコラボレーション・スペース(合作空間)をキュレーションする(たくさんの情報源から収集、整理、要約、公開、シェアする)という役割を持つ。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja