M2チップを搭載したメタバース対応ヘッドセットを、アップルが発売に踏み切ると報道

メタバース

アップルが拡張現実(AR)と仮想現実(VR)体験を提供できるa mixed reality(複合現実型)ヘッドセットをリリースするという噂がメタバースにはある。しかし、Bloomberg(ブルームバーグ)のMark Gurman(マーク・ガーマン)氏による最近のレポートでは、Apple(アップル)のフラッグシップモデル、M2プロセッサが搭載される可能性もあることが明らかにされた。 

アップルのアナリスト、Ming-Chi Kuo氏によると、この複合現実感ヘッドセットは早ければ2023年の1月には発売されると言われている。このヘッドセットは「アップルがこれまでに作った製品の中でも最も複雑なもの」になるが、その発売によって、こう言ったヘッドセット市場の「急成長」を促すことになるだろうと、Kuo氏は指摘している。

新型コロナのパンデミック以降、ソーシャルディスタンス(社会的距離)を置くことを勧められ、オンラインでARやVRの世界に入りたいというユーザーからの要望は増えている。現状は国境が開放されたり、規制が緩和されることによる大きな需要は見込めないかもしれない。しかし企業はまだ「メタバース」に全力投球するのを諦めてはいない。

ガーマン氏の予測では、6GBのRAMとSnapdragon XR2 Platform(スナップドラゴンXR2プラットフォーム)を搭載するヘッドセットと比べても、新しいアップル・ヘッドセットは新しいM2チップだけでなく、16GBのRAMまで搭載されるだろうと述べている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja