彼の会社はおもちゃ作りで数百万ドル(数億円)を稼ぐ。これからブロックチェーン&メタバース業界に参入へ

メタバース

ある32歳のシンガポール人が、数百万ドル規模のコレクターズアイテムとライフスタイルブランドを運営している。彼はまた、メタバース上で行われた取引のすべてを記録する、分散型デジタル台帳ブロックチェーンを所有する。 

Mighty Jaxx(マイティジャックス)社のEli lo(エリーロォ)氏は、近距離無線通信チップを作り、それぞれのおもちゃに一個ずつ挿入した。チップはすべてのおもちゃに接続されて、2つのデバイス間で近距離無線通信を可能にする。マイティジャックスは、ブロックチェーンで裏打ちされた認証機能のほんの走りともいえる。 

このプラットフォームは、製品ごとに異なる改ざんできない証明書を検証して発行する。また、アイテムが変更された場合、デジタルインプレッションを提供する。NFTはデジタル資産でありながら、コレクターズアイテムでもあるため、このフィギュアを購入できるのは特定のグループだけになる。 

マイティジャックスNFTを購入したコレクターは、同じデザインの似た外観の物理的アイテムを購入できる。また、マイティジャックスが中華料理をモチーフにした初のトレーディングカードコレクション6,000枚を作成し販売したところ、なんと2秒で完売したという。このようにマイティジャックスは最高のブランドと提携し、世界を股にかけた展開をしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja