モデルからサイボーグへ、Bella Hadid(ベラ・ハディッド)がNFTでメタバースに進出

NFT

スーパーモデルが世界の10都市で11,111トークンを投下している。まずは東京を手始めに、ベラ・ハディッドの新感覚NFTコレクションに登場する「CY-B3LLA」。パンデミック発生と同時に作られたこのゲームは、彼女がオンラインにより、自分の人生を探求するきっかけとなった。 

他のクリエイターらが参入するのを見て、NFTへの転身を考えるようになった。世界の都市と関係する一滴一滴が、ちょうど1,111をもたらした。スーパーモデルが発表した最初のノン・ファンジブル・トークン(NFT)は、驚異的なほどリアルなものだった。 

彼女の体は紐のように縛られ、その美しさはまるでhomage(オマージュ)のようだ。このスターモデルは、愛と思いやりに基づいたコミュニティを作るという使命を担っており、何が何でもメタ・コミュニティを構築してやるという強い信念を持っている。 

彼女は自分のコミュニティとつながる新しい方法を開発して、さらに交流を充実させていく予定だ。モデルでの経験をメタバース上において活かしながら、ファンとシェアすることを計画中。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja