NFTアート101カンファレンスで、著作権問題について議論

NFT

乱高下する暗号通貨市場が業界を揺るがした。芸術にはまだまだ大きな可能性がある。NFTの取り扱いはイーサリアムで行われており、ブロックチェーン上でデジタルデータを保存する。 

アート業界は、チュン・キョンジャをはじめ多くの贋作の犠牲になってきた。ジャン・ミシェル・バスキアの絵など、注目されているのはフェイクだけではない。新発見された知識のデータベースは、アーティストの経歴を確認する絶好の材料になる。 

NFTアートワークの多くは著作権に違反している。「First Ed」版には、NFTアート作品が5回分収録されていて、この著作権と所有権はまったくの別物だと弁護士は話す。中国では、NFTアートプラットフォーム運営者が、著作権侵害の手助けしたことを認めた事例もある。 

NFTと著作権法の関係は、今後、時間をかけて発展していくだろう。NFT、アート、また暗号通貨に関して、これまでは金融当局や政府と席を同じくすることはできなかったが、今後も引き続き政府とコミュニケーションを取るべく動いていくつもりだ。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja