インケが総合的な判断から「インケバース」に社名変更

メタバース

メタバース機能により、めりはりのきいたKTV視聴、パノラマカラオケ、トランスバースなどが可能になり、欧米のZ世代をターゲットにする。2020年に、インケは「オールシナリオ戦略」を打ち出している。 

ソーシャルコンタクトとエンターテイメントシーンの融合を期待している。長期的な視点でメタバースを見なくてはならないと、馮友生(フォン・ユーシェン) は話す。おそらく10年、20年、いや30年と、これからインケバースはメタバースの方向に進み続け、絶え間なく試行錯誤を繰り返していく。 

Web2.0時代に、インケはプロダクトマトリックス を開発し豊富な経験を蓄積している。各ユーザーにはそれぞれ異なるニーズがあるため、インケバースはあらゆるシーンにおいて最もホットなソーシャル・プラットフォームとなるべく今なお努力を続けている。  

インケバースグループのeChairエディターである黄秦も、このブランドについて新しい方向から解釈している。これは、二人による共同開発プロジェクトと捉えることができ、メタバースにおけるデジタルツインという言葉を表している。「See the Future」は、インケバースの新スローガンであり、限界のない、あらゆるものを追求する考え方。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja