メタバースにおけるEコマース戦略

メタバース

調査によると、IDCのAI&メタバースに対する小売支出は25%以上、AR/VRは77%の複合年間成長率が見込まれる。このようにメタバースには、AI、AR、VR、NFTやボットなどの好材料がたくさん用意されている。 

18億ドル(約2230億円) の小売価格と広告予算がVRに充てられ、AR、VR支出の半分以上は顧客領域になる。ベーシックのAI、AR、VRでも、顧客の深い関心を寄せられることが調査で判明した。 

アーロン・キャロルは、6割の人が自分の生活にどうフィットするかを考える必要があると言う。また、その他いくつか似たアプリは、出会いを測定し、それを仮想化する機能をもつ。私たちは未知なる体験を常に探求すると、カースクロールは語る。 

また調査では、シンプルなAI、AR、VRであっても導入すれば顧客エンゲージメントとコンバージョンを大幅に拡大できると分かっている。そしてまた、これらのテクノロジーが年間4280億ドル(約53兆円)という膨大な額の返品による損失を削減することにもなる。 

これらの基礎技術はすぐに役立つだけでなく、必然的にメタバース普及への大きな足がかりとなる。ただし、コンセプトは人間の基本的行動を活用するのに適切なチューニングが要求され、それがすべてクリアされて初めて実用化される。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja