MContent社がメタバースと現実世界を舞台にしたコンセプト・ストリート、デーティング・リアリティ・シリーズを発注

メタバース

コンセプトストリートは、メタバースと現実世界での「ゲーム・オブ・ラブ」シリーズをMGMカンパニーがプロデュースした。主人公と3人のひとり者が、仮想ファンタジーの世界に飛び込むもの。そこで最も強い絆を感じる相手を見つければ、その二人は現実に戻ることができる。 

「Dating in the Metaverse」は、MContentのウェブとアプリ両方で今年後半にリリースされる予定。共同創設者によると、従来の出会い系アプリは、人付き合いに困難を感じるGenZersの人気がなくなってきていると言う。 

このショーは、性的指向や人種なども含め、すべての人を包み込み、それ自体が非常に包括的で分散化されている。また、あらゆる人種や性的指向に対応する。このタイプとしては初リリースであり、どんなマーケットにおいても適応しやすい。  

米国で初めて発売され、現在予約受付中。「Ich Glaube, es」は、当初考えたより悪くなく、むしろ出来は良かった。たくさんのユーザーに楽しんでもらえたことは何よりであり、またそれが私自身が作品に愛着を持つことができた理由でもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja