ソラナ・ベンチャーズ、韓国でGameFiとDeFiに100億ドル(約1兆2400億円)のファンドを設立

GameFi

ソラナ・ベンチャーズとソラナ・ファンデーションズは、ノンファンジブル・トークン(NFT)とゲームファイの成長のために100億ドル(約1兆2400億円)の資金を提供する。また、このファンドは、クラッシュ後にTerraベースのいくつかのプロジェクト維持に役立つ模様。同ファンドは、ブロックチェーンネットワーク上で起きたことについては、開発者が責任を取る必要はないとしている。 

この新しいファンドは、ゲーム用の理想的なブロックチェーンになるというソラナの狙いを強固なものにする。昨年11月、ソラナ・ベンチャーズはゲーム用ファンドに100億ドル(約1兆2400億円)を投資した。また、ゲームに特化した企業であるフォルテと、グリフィン・ゲーミング・パートナーズとの間で150億ドル(約1兆8600億円)のファンドを保有している。 

韓国政府は、韓国メタバースの構築に187億ドル(約2兆3200億円)をコミットする。「Klaytn Layer 1」やアップビットなど、NFTやDeFiへのアクセスを提供するプラットフォームはかなりある。韓国において、地元企業がブロックチェーンベースのゲームを取り入れるの難しいだろう。 

韓国当局は昨年12月、AppleとGoogleにP2Eゲームをストアから削除するよう命じた。 ソラナのトップNFTマーケットプレイス・マジックエデンは、35,526デイリートレーダーと、$7 OpenSeaアプリレーダーを支えるアプリ・トラッカーを毎日3100万トレーダーが利用し、堂々たる世界第2位の規模。また、アルトコイン全滅にもかかわらず、メタバーストークンは400%増を記録している。CoinGeckoのデータによると、この24時間で5%が39%にまで増加した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja