NFTは、アート業界のギャップを埋める技術となる

NFT

カレイヤは芸術活動の一環として、動きを見るためのNFTアニメーションに着目し、物心ついたときから従来型ギャラリーで作品を展示していたという。2021年に最初のNFTが発表された。彼はTezを見つけるまで、アニメーションをネット投稿して楽しんでいるだけだという。 

NFTは、自分の作品を売り込み、そしてマネタイズするのに最適な方法だった。そして今、私たちはインターネットの時代に生きていると話す。Tezosはブロックチェーン・ネットワークで、よく知られたビットコインやイーサリアムに代わるエネルギー効率の高いネットワーク。 

低コストでミントでき、少ないカーボン・フットプリントが他とは一線を画している。先月、TZ APACは60%以上の伸びを示している。NFTアートは新しい可能性を秘めていて、このアートフォームに焦点を当てたプラットフォームがより多く存在するとカレイヤはいう。

 NFTアーティストがそのマーケットに居場所を見つけるのは時間の問題。東南アジアにおいては「パンデミック期間」にデジタル化が進み、またTZ APACのデジタル化も非常に速い。そしてtezosというプラットフォームが、高価なミント価格問題を解決する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja