2022年、どのようにしてNFTに価値を与えるか、5つのヒント

メタバース

ビットコイン、エスノ、イーサなどの暗号通貨を安全かつ統制されたプラットフォームで購入し、メタバースで使える。多数のユーザーが、ボアードエープスやクリプトパンクスを早い時期に購入し、すでに稼いでいる。NFTは2014年に作られた最初のトークンだが、本当に人気が出始めたのは2021年になってからだ。 

eToroのアナリストは、NFTを評価するのにその実用性が大きな要因になると言う。全体に1万個しかないクリプトパンクスはかなり希少な存在だった。プロジェクトに参加しているコレクター・コミュニティが最も重要な資産となる。 

ソーシャルメディア上の壊れたリンクや、知らないディスコードユーザーからのDMをクリックしないようにしたい。ギルバートはNFTの購入なら、Etoro、Metamask、Openseaを薦めている。ホットウォレットに入れるのが、NFTを最も安全に保管する方法。 

クリプトウォレットには、秘密鍵やシードフレーズを教えないようにしたい。先物取引、株式、ETF、CFD、オプション取引が、すべての投資家に適しているというワケではない。レバレッジ取引には、短時間で高額な損失を出す高いリスクがあるからだ。クリプトオーナーがクリエーターであり発掘者のケースはかなり多い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja