Facebookの親会社であるMeta社が、6月9日にストック・ティッカー・シンボルをMETAに変更

メタバース

Facebookのメタ・プラットフォームが6月9日にナスダック市場で取引されることになり、FB株と入れ替わる予定。Facebookは前もって社名をMetaに変更し、その後はメタバースを構築している。 

メタバースとは、人々が働く仮想世界のこと。Facebookは、新しいストックティッカー「MVRS」で取引を開始すると発表した後、第1四半期まで延期すると発表している。 

メタは1月にそのラウンドヒルボールETFの所有権を取得した。SNSジャイアントは苦境に立たされている。この変化はSNSジャイアントとして、新時代ソーシャルメディアに適応するのが困難な時期になることを意味している。

同社は2月に、ひどい第4四半期の業績と1日あたりの利用者数減少を報告した。また同社は1月にもひどい第4四半期決算を発表したばかりだ。 

2月になり1日あたりの利用者数が減少したことも要因のひとつ。ソーシャルメディアは、FacebookやTwitterなどの「イイね」獲得に大きく依存している。「今の世の中が、いかにソーシャルメディアに大きく依存しているかを示している」とジョン・サッター氏は語る。さらに「ソーシャルメディアは、ビジネスを成長させるための強力なツールになり得る」と彼は言っている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja