ヴォーグの表紙3種をディセントラル・アート・パビリオンでNFTとして販売開始

NFT

今回、ヴォーグ・ポルトガルはNFTの表紙を3枚オークションに出品した。6月20日までにベネチアに到着するなら、一度、いや二度電話してみよう。Palazzo Giovaninian Lolinのオークションで今すぐヴォーグのカバーを手に入れよう。ライトハウス出版がカバーを選んだのは、どちらもヴォーグ関連だからだ。 

そのうちの2つはリザーブプライスが1.5ETH、「Freedom on Hold」の表紙はリザーブプライスが3.0ETHとなっている。「Iconic Issue」と「Vogue Portugal」は、ともに2017年10月にリニューアルされた。 

「Freedom on hold / 自由は保留」は、社会のルールに縛られた世界で注目のカバー。それは、新型コロナパンデミックが地球を襲い、大規模なロックダウンを引き起こした、ちょうど4月20日に起こった。ポルトガル版最新号は、フェアリーテイルに注目している。 

格言によれば、おとぎ話でなくても、いつでも魔法を信じることができる。このネガティブな日に、大きな気づきを与えてくれる。シンギュラリティ展は、現在のNFTの中でも最大級のステージになる。80人以上の国際的一流アーティストによる200点以上の作品が展示されている。アーティストには、BenPel、Coldie、Aaron Penne、Studio Drift、Xcopy、Raphael Lacosteが含まれている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja