クリプトのガス代とは何か?NFTクリエイターがどのように交渉しているのか見極める

NFT

ガス代とはブロックチェーンを使用し、採掘者がユーザートランザクションのために払う手数料のこと。ガス代は固定費ではないが、NFTミントのためにとくに重要。一定数の採掘者は、支払額の少ない取引だけでなく、支払額の多い取引もあえて拾っている。  

先に、早く、効果的に取引を扱ってもらうために払う経費。メタマスクなどのEウォレットは、ガス代の支払いオプションが用意されている。ちなみにイーサリアムのガス代はとても高い。  

このチェーンは時価総額が大きく、取引量も多く、さらに需要が増えると取引手数料が跳ね上がる。ethgastation.comやEthereum priceなどのウェブサイトで、ガス代を監視できる。いくつものプロトコルが、Web3.0プロジェクトのベースレイヤー1として、イーサリアムにチャレンジしている。  

ガス代が安いのは、まだブロックチェーンへのアクセスは多くなく、少なくともdAppsが稼働している間は少ない。今、クリプトマーケットは2日連続で順調。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja