税務局が、暗号資産に続きNFTにも課税する見通しと報道される

NFT

6月の第1回目の事前納税期限を前に、税務局がガイドラインを作成中と報じられている。NFTsとTDS(源泉徴収税)の定義が当時まだ不明確であった中、CBDTは2022-23年度予算で1%のTDSと 暗号資産税についてさらに明らかにする予定。 

某情報筋は、ビジネス・スタンダードからの報道を引用した。CBDTは、VDA-Voluntary Disclosure Agreement(任意開示契約)に関する直接税ガイドラインを作成中であり、納税期限は6月15日に予定されている。査定官は1年間の税金の概算を出し、期限の6月15日までに15%を納付しなければならない。 

明確化を求める声は上がっている。税務局は、NFTの定義や、それがVDAの対象かどうかだけでなく、 暗号資産取引に対する源泉徴収税についての説明が求められる。 

よりわかりやすい見通しを立てるために、インド政府は源泉徴収税を導入した。政府は、各クリプト取引ごとに源泉徴収税が必要になるとしており、これはクリプト・デイトレードをかなり難しくすることになる。 

政府は、暗号資産やNFTを含むすべてのバーチャルデジタル資産からの所得に一律30%の税金を課した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja