Qトピア - 初のLGBTQメタバースは、パイプラインにある

メタバース

Qトピアはアルファバースと呼ばれる、より大きなメタバースの中に入る予定で、LGBTQにとってさらに安全な環境となることが期待されている。アタリゲーミングの元会長兼CEO、Frédéric Chesnaisがスポンサーとなっている。 

バーチャルコミュニティに住む人は、NFTとしてバーチャルアクセサリーを入手できる。またホモセクシュアルや理解者同士であれば誰でもチャット利用は可能。ファンユーザーは、ゲームを楽しむ前でもメタバース上の財産を購入できる。 

Qトピアのプロパティ・メンバーは、UniQoin(ユニコイン)と呼ばれるネイティブ・クリプトを購入できる。メタバースとオフラインの両方から購入できるトークンでもある。その収益のうちの一部は、LGBTQチャリティーに使われる。 

ウェイスとカイメルマンは、以前LGBTQのソーシャルアプリであった「Qtie」の共同創業者である。QトピアはAlphaVersetoと提携し、初のLGBTQに特化したメタバース。 

Qトピアは、メタバース上にあるコミュニティ・リソース。誰もが自らの経験やアイデアを共有できる場所になっている。TLDでチャットしたりメッセージ送信ができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事
ja